メインメニューを開く

差分

+先代次代、妻子等
'''藤堂  高兌'''('''とうどう  たかさわ'''、[[天明]]元年[[4月2日 (旧暦)|4月2日]]([[1781年]][[4月25日]]) - [[文政]]7年[[12月17日 (旧暦)|12月17日]]([[1825年]][[2月4日]]))は、[[伊勢国]][[津藩]]の第10代藩主。同じく伊勢国[[津藩#久居藩|久居藩]]の第12代藩主。父は第9代藩主(久居藩主としては第7代)・[[藤堂高嶷]](高兌は三男)。母は側室の今津氏。正室は[[永井直進]]の娘。子に[[藤堂高猷|高猷]]、[[中川久昭]]。官位は従四位下。和泉守。従五位下左近将監、従四位下、[[和泉国|和泉]]守
 
== 生涯 ==
=== 久居藩主として ===
天明元年4(1781年)4月2日生まれ。幼名は庚千代。[[寛政]]2年([[1790年]])、第11代久居藩主・[[藤堂高矗]]の養嗣子となり、養父が死去すると久居藩主となった。ただし幼少であったため、はじめは家老の[[藤堂八座]]の補佐を受ける。ところで久居藩はこの頃、藩主の若死、あるいは本家の津藩で嗣子がたびたび無かったため、久居から本家に継ぐという例が多かったために藩政が安定化せずに混乱し、財政も窮乏化していた。このような中、成長した高兌は藩政改革を試みる。寛政9年([[1797年]])に「義倉積米」制度を制定した。これは、藩士の知行や扶持米の内、百分の一を積み立てる貯金のようなものであった。そして高兌はこの資金を基に藩内における新たな事業資金にしたり、経済的に窮乏している者に対しての貸付金にしたり、さらには[[藩校]]の運営資金や災害復興費などに当てたのである。父で本家の津藩を継いでいた高嶷もこれを助けている。他にも法令の整備、行政機構の改善、綱紀の引き締めなどを行なって乱れていた藩政を立て直したのである。なお、「義倉積米」制度は[[廃藩置県]]まで継続され、最終的には11万6800両も積み立てられたが、長期にわたって継続することができたのは、高兌があくまで資金を公的に使い、私的に使うことを厳禁していたためであると言われている。
 
=== 津藩主として ===
高兌は三男である。当然、兄がいたがこれらは早くに死去していた。このため[[文化 (元号)|文化]]3年([[1806年]])に父・高嶷が死去した後を受けて藩主として後を継ぐこととなった。ちなみに、久居藩主の家督は高兌の弟である[[藤堂高邁]]が継いだ。ちなみに、久居藩主から津藩主へと転身するのはそんなにめずらしいことではない。高兌の父・高嶷も、同じく久居藩主から津藩主に転身した人物なのである。
 
ところで高嶷が藩主の時代、彼も財政再建を主とした藩政改革を行なった。金融政策・殖産興業・土地制度改革がそれである。ところが金融政策において借金の棒引きを強行し、土地制度においても均田制を目指した結果、それまでの特権階級者などが大反対したため、藩政改革は挫折してしまった。このため、高嶷の評判は藩内においてすこぶる悪かった。そのような中で高嶷の息子である高兌が後を継いだのである。彼の政治手腕に期待する者も多かったが、同時に彼に反発する者も少なくなかった。このため、高兌はまず、藩内における支持を得るために綿服を常に着て、質素倹約を自ら率先して行なった。特に彼の質素倹約を示すものとして、自分個人の生活費を切り詰めて貯金し、10年後には1000両以上の貯金を築き上げたとまで言われている。このため、高兌に反発していた面々も彼の藩政を支持せざるを得なくなり、倹約にも努めたと言われている。
高兌の父・高嶷は厳しい藩政改革を行なって「神仏の敵」とまで呼ばれるほど、領民から嫌われていた。それに対して藩政改革に大いなる成功を収め、領民にも善政を施した高兌は、領民から大いに慕われていた。それを示すものがある。高兌は[[文政]]7年([[1824年]])12月17日に44歳で病死するが、このとき領民の多くが高兌の病気平癒、いわゆる「御命乞」を願って神社仏閣に対して祈願したと言われている。勿論、これは高兌や藩の重役が指示したものではなく、領民が自発的に行なったものであった。これを見てもわかるように、高兌の政治は領民から大いなる支持を得ていたのであった。
 
法号:誠徳院松巌高秀権大僧都。墓所:[[東京都]][[台東区]]上野の東叡山寒松院。
 
=== 死後と評価 ===
高兌は[[江戸時代]]後期の名君の一人である。当時、44歳は若いとは言えないが、彼がもし長命だったなら、藩の行く末は大いに変わっていたであろう。しかし彼の後を継いだ高猷はあまり優れた人物とは言えず、津藩の財政は高兌の死後、再び悪化していった。
 
{{先代次代|[[津藩#久居藩|藤堂氏(久居1012代)主]]|1806~18241790 - 1806|[[藤堂高]]|[[藤堂高]]}}
{{先代次代|[[津藩|藤堂氏(津藩10代)藩主]]|1806 - 1824|[[藤堂高嶷]]|[[藤堂高猷]]}}
 
[[Category:藤堂氏|たかさわ]]
[[Category:江戸の大名|とうとうたかさわ]]
[[Category:外様大名|とうとうたかさわ]]
{{[[Category:1781年没年|とうとう たかさわ|1781年|1825年}}]]
[[Category:1825年没|とうとう たかさわ]]
108,676

回編集