「由良国繁」の版間の差分

編集の要約なし
'''由良 国繁'''(ゆら くにしげ、[[1550年]]([[天文 (元号)|天文]]19年) - [[1611年]]([[慶長]]16年[[1月3日 (旧暦)|1月3日]]))は、[[戦国時代 (日本)|戦国時代]]から[[江戸時代]]前期にかけての[[武将]]。[[由良成繁]]の嫡男で、[[渡瀬繁詮]]と[[長尾顕長]]の兄に当たる。生母は赤井幸家の娘。幼名は国寿丸。通称は六郎、新六郎、式部大輔、信濃守。
 
由良氏の第九代当主で、[[1578年]]の父の死の前後くらいから家督を継いでいたという。[[1584年]]、[[後北条氏|北条氏]]の命により、[[上野国]][[新田金山城|金山城]]から[[桐生城]]に移ることとなった。
 
[[1590年]]の[[豊臣秀吉]]の[[小田原攻め]]では、国繁は豊臣側に与しようとしたが、北条氏に脅迫されて[[小田原城]]に籠もることを余儀なくされた。しかし、嫡男の由良貞繁と彼の妻が[[豊臣氏]]に与して功を挙げたことにより、北条氏滅亡後は罪を問われず、秀吉の家臣として仕えた。戦後、豊臣秀吉から常陸国牛久において5400石余の所領を安堵された。
 
秀吉の死後、[[徳川家康]]に仕えた。[[関が原の合戦]]に際しては、[[江戸城]]の守備を命じられた。戦後、下総国相馬郡内1600石余を加えられて、合計7000石余を知行した。
 
正妻は[[結城晴朝]]の娘。長男貞繁、次男[[由良忠繁|忠繁]]ら二男三女あり。内養女一人。
286

回編集