「スリム・ヤマダエフ」の版間の差分

m
編集の要約なし
(+category)
m
'''スリム・ヤマダエフ'''(Сулим Ямадаев;[[1973年]] - )は、[[ロシア連邦]][[チェチェン共和国]]の軍人、[[ロシア国内軍]][[ヴォストーク大隊]]長、中佐。元[[チェチェン・イチケリア共和国]](独立派)国家親衛隊第2大隊長、准将。チェチェン最大の部族の1つであるベノイ部族に属し、グデルメス市を支配する'''ヤマダエフ氏族'''出身。5人兄弟の長男。
1990年代初めから、スリムは、積極的な独立支持者となった。[[第1次チェチェン戦争]]時、[[ジョハル・ドゥダエフ]]の呼びかけに応じて戦闘部隊に入り、グデルメス戦線司令官となった。1996年の終戦時、独立派中で最も若い准将となった。
スリムは、[[ウラジーミル・プーチン]]大統領支持を再三表明している。彼は、チェチェン土着の穏健的な[[イスラム教]]スーフィー教団を信仰しており、イスラム原理主義を外来のものと排撃し、特に[[シャミル・バサエフ]]を吊るし上げると公言していた。
 
[[category:ロシアの軍人|すりむ やまたえふ]]
[[category:チェチェンの人物|すりむ やまたえふ]]
[[category:1973年生|すりむ やまたえふ]]