「ハイルブロン同盟」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
'''ハイルブロン同盟'''(Heilbronn Bund)とは、[[三十年戦争]]における、[[スウェーデン]]と[[プロテスタント]][[諸侯]]間で、[[ドイツ]]の[[帝国都市]][[ハイルブロン]]において、[[1634年]][[5月18日]]に結ばれた[[軍事同盟]]。
 
スウェーデンは、[[1632年]]に[[君主]][[グスタフ2世アドルフ]]を[[リュッツェンの戦い (1632年)|リュッツェン]]で失った。スウェーデンの勢威は、かつて誇った異彩はなく、すべてが英主グスタフ・アドルフに依存していた。こため、彼為、グスタフ・アドルフ亡き後死により一気急速に勢力を減退させてしまった。もちろん撤退すれば、敗北、スウェーデンの衰退を意味する。しかし、主君無きドイツでの[[戦争]]で、スウェーデン軍、とても厳しく、まさい状況引くも地獄立たされた。しかし進むも地獄その時点あっの撤退は敗北を意味した。スウェーデンとしせめも少なくとも参戦した見返りが得られなければ、国内を納得させることは出来ない。名誉ある撤退以外戦争継続の道は無しかなかった。その為には、スウェーデンにとって、プロテスタント諸侯によるとの[[同盟]]は不可欠であった。
 
一方、ドイツにおけるプロテスタント諸侯も、グスタフ・アドルフの死に動揺した。しかしプロテスタント諸侯は、スウェーデンを見捨なかっ。外国勢力の支援が無くなれば、皇帝が弾圧に乗り出してくる。[[選帝侯]]クラスであれば、生き残れるかもしれなかったが、小[[貴族]]クラスの諸侯では、皇帝軍の前一溜まりもない。[[ボヘミア]]におけるでの反乱貴族の[[運命]]を見れば、結果運命は明らかであった
 
両者の思惑が一致し、「'''ドイツの自由と、スウェーデンへの感謝'''」のスローガンが掲げられ、無き王グスタフ・アドルフの名において、プロテスタント諸侯が結集した。これは、スウェーデンの[[宰相]][[アクセル・オクセンシェルナ|オクセンシェルナ]]の手腕にうところが大きく、まさにスウェーデンの危機を救った[[人物]]であると言っても過言ではない
プロテスタント諸侯は、スウェーデンを見捨てなかった。いや、外国勢力の支援がなければ、諸侯の方が、風前の灯になるかもしれなかった。
両者の思惑が一致し、「'''ドイツの自由と、スウェーデンへの感謝'''」のスローガンが掲げられ、無き王グスタフ・アドルフの御名において、プロテスタント諸侯が結集した。これには、スウェーデンの[[宰相]][[アクセル・オクセンシェルナ|オクセンシェルナ]]の手腕に追うところが大きく、まさにスウェーデンの危機を救った[[人物]]であると言っても過言ではない。
 
ところが、この同盟締結に[[フランス王国|フランス]]と[[ザクセン公国|ザクセン公]]が反発した。フランスの宰相[[リシュリュー]]は、ハイルブロンに使者を送り、オクセンシェルナを脅し、強引に盟主替えを行っさせのである5年前に締結したフランス・スウェーデン間の[[条約]]に違反していたからである。オクセンシェルナは激怒したが、フランスの支援凍結を恐れ、フランスの影響力の野心高いグスタフ・アドルフの近衛騎兵連隊の指揮官であった傭兵の[[ザクセン・ワイマール公ベルンハルト]]が、ハイルブロン同盟軍の指揮を執る事なった。本来、総司令官となるべきは、オクセンシェルナがスウェーデン軍・ハイルブロン同盟軍両軍総司令官に据えるつもりでいたする[[グスタフ・ホルン]]将軍は、スウェーデン軍の筈であ新司令官になった。野心的で積極的なベルンハルトと忠実で慎重なホルン性格は、全くの正反対であった。ホルンには全く野心が無く、忠実であった。故に両者は反目を募らせる事になる。これが[[ネルトリンゲンの戦い(1634年)]]でのスウェーデン・ハイルブロン同盟軍(プロテスタント諸侯軍)の大敗の原因の一つとされる。
 
結局、この事が原因でように、ハイルブロン同盟はその成立当から危機を迎え内包していたのであったこのベルンハルトこそ、後に[[神聖ローマ皇帝]][[フェルディナント2世|フェルディナント2世(神聖ローマ皇帝)]]と和解し、[[プラハ条約]]に署名したフランス軍の指揮官となるなど、スウェーデンとプロテスタント諸侯の獅子身中の虫であったを振り回すことになる
 
[[Category:三十年戦争|はいるふろんとうめい]]
匿名利用者