「ネジキ」の版間の差分

編集の要約なし
m (一部追加。)
'''ネジキ'''(捩木)とは、[[ツツジ科]]の植物の一種。本州、四国、九州の山地に自生する落葉小高木。学名''Lyonia ovalifolia'' subsp. ''neziki''([[シノニム]]:''Lyonia neziki''、''Lyonia ovalifolia'' var. ''elliptica''、''Pieris elliptica'')。
 
5~6月頃、白いつぼ形の花を咲かせる。幹が少しねじれることが名前の由来である。このこと太い木で樹皮が白っぽくてい褐色で、縦に細がれる樹皮、それをて取ばねじれていわかる。材そのものもねじれているため、かつて燃料を薪に頼った頃には、斧の刃がまっすぐに入らず、割りにくい木として有名であったらしい。庭園樹として栽培されることがある。
 
近縁種である[[アセビ]]などと同様有毒植物であり、[[テルペノイド]]の[[グラヤノトキシン]](grayanotoxin)I~IIIなどを含む。かつて、[[島根県]]の三瓶地方では「霧酔病」といわれる牛や馬の原因不明の疾病が流行ったが、これはネジキを食べたことによる中毒であることが後に判明した。 
28,698

回編集