「子貢」の版間の差分

m編集の要約なし
しかし子貢は景公に「仲尼は賢いですか」と問われると即座に「賢いです」と答えたものの、「どのように賢いのですか」と問われると「存じません」と答えた。景公はいぶかしんで「貴方は仲尼は賢いと言いながら、その賢さがどのようなものであるのかは知らないという。それでよろしいのですか」と聞いた。
 
すると子貢は「人は誰でも皆天が高いことを知っておりますが、では天の高さはどのようなものか、と聞かれたら皆知らないと答えるでしょう。わたしは仲尼の賢さを知っておりますが、その賢さがどのようなものであるのかは知らないのです」と孔子の偉大さを天の高さになぞらえて答えた{{要出典}}
 
またあるとき、[[叔孫武叔]]が「子貢は孔子より優れている。」と話したことを[[子服景伯]]が子貢に伝えた。子貢は「屋敷の塀に例えるなら、私の家の塀の高さは肩の高さぐらいでしょう。ですから、屋敷の中の小奇麗な様子が窺えます。しかしながら、夫子の家の塀の高さは高すぎて、ちゃんと門から見ないと中の素晴らしい建物や召使の様子は知る事はできないでしょう。ですから、叔孫武叔がそういったのは無理ないことかもしれません。」と見事な例を引き、孔子が優れている事を表現した。この子貢の言葉は今でも中国のことわざとして残っている。
117

回編集