「養子的キリスト論」の版間の差分

m
編集の要約なし
m (多少直す)
m編集の要約なし
 
*2世紀のエビオン派
:イエスはヨセフとマリヤとの子で、初めから神性があったわけではなく、洗礼を受けた際にキリストになった。[[パウロ]]の説を否定するもので、処女懐胎とキリストの神性を否定する。(従って普通の信者でもキリストとなりうる?)
:[[ユダヤ人キリスト教徒]]で信じられた教義である。
イエスはヨセフとマリヤとの子で、初めから神性があったわけではなく、洗礼を受けた際にキリストになった。[[パウロ]]の説を否定するもので、処女懐胎とキリストの神性を否定する。(従って普通の信者でもキリストとなりうる?)
 
*8世紀の養子論論争<!---([[キリスト教年表]]には780年とある。下記のアルクィンのこと?)<!---(?)([[アルクィン]]より)--->
:北スペインには養子的キリスト論(養子論)が勢力を持ち、トレド大司教のエリバントゥスとウルヘル(Urgel)の司教フェリックスが、イエスは人間で、神の養子になったという説を唱えていた。794年のフランクフルト教会会議では、[[アルクィン]]が正統教義を主張して勝利した。
 
*12世紀の神学者[[アベラール]]は独自の三位一体説を唱えたが、[[単性論]]、新養子論といわることがあて(?)異端を宣言された。しかし、実際のアベラールの思想からは曲解されている。
 
----
:[[ユダヤ人キリスト教徒]]で信じられた教義である。
 
養子論(Adoptionism)英語版より<BR>
modalism(様態論、[[サベリウス派]]の説)とともにmonarchianism(単一神論)の1つ。