「養子的キリスト論」の版間の差分

m
編集の要約なし
m編集の要約なし
m編集の要約なし
'''養子的キリスト論'''(ようしてき- ろん Adoptionism)とは、[[イエス]]はもともと普通の人間であり、神の子となったのは[[ヨルダン川]]で[[ヨハネ (洗礼者)|洗礼者ヨハネ]]から[[洗礼]]を受けた時点であるとする論。養子説ともいう。キリスト教の正統教義(神・イエス・精霊は[[三位一体]]であるとする)に反し、[[異端]]とされる。
 
*2世紀のエビオン派
:イエスはヨセフとマリヤとの子で、初めから神性があったわけではなく、洗礼を受けた際にキリストになった。[[パウロ]]の説を否定すにあもので、処女懐胎キリストの神性を否定する。(従って普通の信者人間も律法を保つことキリストとなりうる?)
 
*8世紀の養子論論争<!---([[キリスト教年表]]には780年とある。下記のアルクィンのこと?)([[アルクィン]]より)--->
:北スペインは養子的キリスト論(養子論)が勢力を持ち、トレド大司教のエリバントゥスとウルヘル(Urgel)の司教フェリックスが、イエスは人間で、神の養子になったという説を唱えていた。イスラム教神学者から三位一体説を批判されたことが背景にあったようである。794年のフランクフルト教会会議では、[[アルクィン]]が正統教義を主張して勝利した。
 
*12世紀の神学者[[アベラール]]は独自の三位一体説を唱え、[[単性論]]、新養子論とされて(?)異端を宣言された。しかし、実際のアベラールの思想からは曲解されていたものである。
 
----