「橘家圓蔵」の版間の差分

編集の要約なし
*[[橘家圓蔵 (2代目)|2代目橘家圓蔵]](?) 南生、三遊亭圓志、三遊亭圓坊を経て襲名。享年不明。
*3代目橘家圓蔵 初代[[三遊亭圓朝]]の弟子であり、後の[[三遊一朝]]。
*[[4代目橘家圓蔵]] さん生を経て襲名。享年59。
*[[4代目橘家圓蔵]]([[1864年]] - [[1922年]][[2月8日]])は、北品川出身だった為品川の圓蔵と呼ばれた。[[1887年]]6月入門し'''さん生'''、[[1890年]]9月に二ツ目で4代目'''圓蔵'''襲名、[[1897年]]10月そのままで真打。[[1905年]]には落語の発展のため初代[[三遊亭圓左]]、4代目[[橘家圓喬]]、初代[[三遊亭圓右]]、3代目[[柳家小さん]]らにより「落語研究会」が始められた。師匠は4代目三遊亭圓生。弟子に[[橘家圓三]](代数不明)、圓満、圓坊、圓十郎、源一馬、初代[[橘家蔵之助]]、入船亭扇蔵、橘家文三、三遊亭圓玉(4代目[[三遊亭圓生]]死後圓蔵門下へ)、5代目三遊亭圓生(後の5代目圓蔵)、6代目三遊亭圓生(後の6代目圓蔵)、5代目[[三遊亭圓窓]]。[[横浜]]の「新富亭」に出演中、[[気管支喘息]]を発症し休演後に死去。享年59。
*5代目橘家圓蔵 後の[[三遊亭圓生 (5代目)|5代目三遊亭圓生]]。師匠は4代圓蔵
*6代目橘家圓蔵 後の[[三遊亭圓生 (6代目)|6代目三遊亭圓生]]。師匠は同じく4代圓蔵。
匿名利用者