メインメニューを開く

差分

m
編集の要約なし
'''樹原 亜紀'''(きはら あき、[[1969年]][[3月30日]] - )は、[[日本]]の元[[アイドル]]。本名、'''亜紀・ムール(あきー)'''
 
* [[神奈川県]]出身。[[おニャン子クラブ]]の会員番号6番として『[[夕やけニャンニャン]]』の初回([[1985年]])から出演。
*[[ 1985年]][[4月18日]]より[[週刊文春喫煙事件]]で一時活動休止していたものの、同月の30日OAにて復帰をする。(喫煙はしていなかった。たまたま同じ店の別席にいただけだ、との意見が一部であった。)
* 番組内では、主にお笑いキャラ([[色物|イロモノ]]、とスタッフから言われた事があった。)として人気を集め、[[高島忠夫]]の物真似が一番の持ちネタである。
 
* 歌は、音痴ではないがまずまずの歌唱力・独特の[[アルト]][[ボイス]]であり、集団の中でも彼女の歌声は非常にわかりやすい。
*番組内では、主にお笑いキャラ([[色物|イロモノ]]、とスタッフから言われた事があった。)として人気を集め、[[高島忠夫]]の物真似が一番の持ちネタである。
* また、メンバーの中では身長が169センチと高く、メンバーと並ぶとその背の高さが目立っていた。
 
* 後述の通り、文筆の力が長けている為、おニャン子クラブ在籍中からオフィシャル本には積極的に他メンバーやスタッフのコメントを多く寄せていた模様。尚、彼女の執筆であるとすれば、おニャン子メンバーが最も信頼していた・出来たのは、[[フジテレビジョン|フジテレビ]]の番組スタッフ・坂間氏であると述べている。
*歌は、音痴ではないがまずまずの歌唱力・独特の[[アルト]][[ボイス]]であり、集団の中でも彼女の歌声は非常にわかりやすい。
*[[ 1986年]]には、おニャン子クラブの[[名越美香]]、[[立見里歌]]、[[白石麻子]]と共に異色ユニット[[ニャンギラス]]を結成。2枚のシングルを出した後、[[1987年]][[3月30日]]の第五回卒業式でおニャン子クラブを卒業する。
 
* 卒業後は、フリーライターとして活動しオランダ人男性と結婚。現在は[[ロッテルダム]]に在住。<br.>海外在住ではあるが、おニャン子クラブの同窓会などのイベントにはほとんど参加している。
*また、メンバーの中では身長が169センチと高く、メンバーと並ぶとその背の高さが目立っていた。
 
*後述の通り、文筆の力が長けている為、おニャン子クラブ在籍中からオフィシャル本には積極的に他メンバーやスタッフのコメントを多く寄せていた模様。尚、彼女の執筆であるとすれば、おニャン子メンバーが最も信頼していた・出来たのは、[[フジテレビジョン|フジテレビ]]の番組スタッフ・坂間氏であると述べている。
 
*[[1986年]]には、おニャン子クラブの[[名越美香]]、[[立見里歌]]、[[白石麻子]]と共に異色ユニット[[ニャンギラス]]を結成。2枚のシングルを出した後、[[1987年]][[3月30日]]の第五回卒業式でおニャン子クラブを卒業する。
 
*卒業後は、フリーライターとして活動しオランダ人男性と結婚。現在は[[ロッテルダム]]に在住。<br.>海外在住ではあるが、おニャン子クラブの同窓会などのイベントにはほとんど参加している。
 
{{おニャン子クラブ}}
 
[[Category:おニャン子クラブ|きはら あき]]
[[Category:神奈川県出身の人物|きはら あき]]
[[Category:1969年生|きはら あき]]
6,551

回編集