「近藤秀用」の版間の差分

編集の要約なし
m (cprobot: subst Template:生没年)
'''近藤 秀用'''('''こんどう ひでもち'''、[[天文 (元号)|天文]]16年([[1547年]]) - [[寛永]]8年[[2月6日 (旧暦)|2月6日]]([[1631年]][[3月8日]]))は、[[戦国時代 (日本)|戦国時代]]の[[武将]]。[[江戸時代]]前期の[[大名]]で、[[遠江国]][[井伊谷藩]]の藩主。[[近藤康用]]の子。通称、勘助。登助。平右衛門。官位は従五位下、[[石見国|石見]]守。
 
== 経歴 ==
父の康用は[[徳川四天王永禄]]で有名な11年([[井伊直政1568年]]の片腕となっていたが)末直政の冷酷な性格に嫌気がさして[[徳川家康]]の直臣にな遠州攻め入で[[今川氏]]方を離反し[[井伊谷三人衆]]の一人思っ知られる。ただ、年齢の他にも、戦傷を負歩行困難であっ。その息子の父に代わって秀用も直政に仕えることが戦役って、家康の直臣になりたという想いがあった。秀用は[[姉川の戦い]]、[[三方ヶ原の戦い]]、[[小田原征伐]]などでいずれも軍功を挙げ、特に小田原征伐ではその活躍を[[豊臣秀吉]]からも賞賛された。秀用はそれらの功績から、家康に直臣として取り立ててくれるように嘆願したが、直政が徹底してそれを妨害し、遂には暗殺まで謀られたため、秀用は命の危険から逃れるために出奔して[[伊勢国]]に逃亡した。
 
やがて、[[徳川四天王]]で有名な[[井伊直政]]が台頭してくると、家康の下命で寄騎として直政の片腕となっていた。ところが、直政の冷酷な性格に嫌気がさして[[徳川家康]]の直臣に戻りたいと思っていた。そこで、秀用はそれまでの功績から、家康に直臣として取り立ててくれるように嘆願したが、直政に徹底してそれを妨害された。遂には暗殺まで謀られたため、秀用は命の危険から逃れるために出奔して[[伊勢国]]に逃亡した。
[[慶長]]7年([[1602年]])、直政が死去すると、[[池田輝政]]の仲介により家康に召しだされて、[[上野国]]青柳に5000石の所領を与えられた。慶長19年([[1614年]])には[[相模国]]内で1万石を加増され、[[小田原城]]の城番となる。[[大坂の陣]]にも参陣して武功を挙げ、[[元和 (日本)|元和]]5年([[1619年]])に遠州井伊谷に1万5000石の大名として井伊谷藩を立藩した。元和7年([[1621年]])には2000石の加増を受けている。しかし秀用は所領を一族で細分化したため、井伊谷藩は短期間で終焉し、その後、近藤氏は[[旗本]]として徳川氏に仕えることとなった。
 
[[慶長]]7年([[1602年]])、直政が死去すると、[[池田輝政]]の仲介により家康に召しだされて、[[上野国]]青柳に5000石の所領を与えられた。慶長19年([[1614年]])には[[相模国]]内で1万石を加増され、[[小田原城]]の城番となる。[[大坂の陣]]にも参陣して武功を挙げ、[[元和 (日本)|元和]]5年([[1619年]])に遠州井伊谷に1万5000石の大名として井伊谷藩を立藩した。元和7年([[1621年]])には2000石の加増を受けている。しかし秀用は所領を一族で細分化したため、井伊谷藩は短期間で終焉し、その後、近藤氏は[[旗本]]として徳川氏に仕えることとなった
 
しかし秀用は子の[[近藤季用|季用]]を始めとする一族で所領を細分化したため、[[井伊谷藩]]は短期間で終焉し、その後、近藤氏は[[旗本]]として徳川氏に仕えることとなった。
 
なお、その後の秀用は寛永2年([[1625年]])に石見守に叙任している。寛永8年([[1631年]])2月6日、85歳で死去。墓所:[[東京都]][[文京区]]本郷の大安寺。
 
 
== 参考文献・関連項目 ==
 
{{先代次代|[[青柳藩|近藤氏(青柳藩)藩主]]|1614~1619|-|-}}
{{先代次代|[[井伊谷藩|近藤氏(井伊谷藩)藩主]]|1619~1621|-|-}}
* [[交代寄合]]
 
[[Category:戦国武将|こんとうひてもち]]
[[Category:江戸の大名|こんとうひてもち]]
[[Category:譜代大名|こんとうひてもち]]
[[Category:1547年生|こんとうひてもち]]
匿名利用者