「ガイウス・グラックス」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
==経歴==
 
[[紀元前154年]]、ガイウスは生まれ、同年父が死去、母コルネリアによって育てられる。グラックス家は[[パトリキ]]の血統ではなかったが、裕福で政治家としても有望な家柄であった。少年期に兄[[ティベリウス・グラックス|ティベリウス]]が提示したセンプロニウス農地法案を提出、従兄弟[[スキピオ・ナシカ]]と対立しナシカの支持者に殺害されてしまう。兄の殺害によりグラックス家の遺産を相続する。そして後世で分かる事だが、ガイウスは兄の遺志も継ぐ事になる。
 
====護民官に当選====