「トーマス・栗原」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
m
'''トーマス・栗原'''('''ますマスくりはら'''、本名・'''喜三郎'''、[[1885年]][[1月24日]] - [[1926年]][[9月8日]])は、大正期の[[映画監督]]。
 
[[神奈川県]]中郡秦野町(現・[[秦野市]])に、材木商の子として生まれる。父の事業の失敗を見て、単身渡米。[[1912年]]、映画俳優養成所に入り、エキストラとして映画出演後、[[トマス・H・インス]]の特設した「オリエンタル・プロダクションに入る。[[早川雪洲]]、[[青木鶴子]]らと東洋を題材とした映画に多数出演する。特に、[[桜島]]噴火を扱った『火の海』の予言者は当たり役となった。
 
日本での映画制作を志し、[[1918年]]、帰国する。[[1920年]]、知人の[[浅野良三]]が創立した「[[大正活動映画]]」に製作責任者兼監督として入社する。その第1回作品『[[アマチュア倶楽部]]』の監督を務める。
彼の教えを受けたものは数多く、監督の内田吐夢、[[井上金太郎]]、俳優の[[岡田時彦]]、[[江川宇礼雄]]、[[渡辺篤]]らがいる。
 
== 代表作 ==
* アマチュア倶楽部(1920年)
* 美しき日本(1920年)
* 葛飾砂子(1920年)
* 蛇性の淫(1921年)
* 久遠の響(1923年)
 
[[Category:日本の映画監督|とますくりはら]]
*アマチュア倶楽部(1920年)
[[Category:1885年生|とおますくりはら]]
*美しき日本(1920年)
[[Category:1926年没|とおますくりはら]]
*葛飾砂子(1920年)
*蛇性の淫(1921年)
*久遠の響(1923年)
 
[[Category:日本の映画監督|とーますくりはら]]
{{生没年|とーますくりはら|1885年|1926年}}
30,840

回編集