メインメニューを開く

差分

編集の要約なし
{{武士/生誕|[[1680年]][[11月29日]]([[延宝]]8年[[10月9日 (旧暦)|10月9日]])}}
{{武士/死没|[[1721年]][[3月4日]]([[享保]]6年[[2月7日 (旧暦)|2月7日]])}}
{{武士/別名|源之助(幼名)。矩栄(初名)。長矩(別名)}}
{{武士/父母|父:[[松平直矩]] 養父:''[[松平光長]]''}}
{{武士/墓所|[[津山市]]の泰安寺}}
{{武士/官位|従四位下、[[越後国|越後]]守、左近衛権少将}}
{{武士/氏族|[[越前松平氏]]}}
{{武士/父母|父:[[松平直矩]] 養父:''[[松平光長]]''}}
{{武士/兄弟|[[松平基知]]、'''松平宣富'''、[[松平知清]]}}
{{武士/妻|正室:'''[[佐竹義処]]の娘'''<br />継室:'''[[園池実尚]]の娘'''([[櫛笥隆賀]]の養女)}}
{{武士/子|[[松平浅五郎|浅五郎]]、娘([[蜂須賀宗員]]室)、<br />娘([[松平信将]]室)、娘([[織田信朝]]室)}}
{{武士/終了}}
'''松平 宣富'''(まつだいら のぶとみ)は[[江戸時代]]前・中期の[[大名]]。[[美作国]][[津山藩]]の初代藩主。[[松平直基]]の子・[[松平直矩]]の三男。幼名源之助。官位は従四位下、[[越後国|越後]]守、左近衛権少将。
 
'''松平 宣富'''('''まつだいら のぶとみ''')は[[江戸時代]]前・中期の[[大名]]。[[美作国]][[津山藩]]の初代藩主。[[松平直基]]の子・[[松平直矩]]の三男。幼名源之助。官位は従四位下、[[越後国|越後]]守、左近衛権少将
延宝8年(1680年)10月9日生まれ。元服して父・直矩の一字をもらい矩栄と名乗る。
 
延宝8年(1680年)10月9日、松平直矩の三男として生まれ。元服して父・直矩の一字をもらい矩栄と名乗る。
[[元禄]]6年([[1694年]])、宣富は[[越後騒動]]で改易された[[松平光長]]の養嗣子となり、光長から一字をもらって長矩に改めた。そして[[元禄]]10年([[1697年]])に光長の隠居に伴ってその家督を継ぎ、さらには翌年に津山藩10万石を与えられ、国主として遇されたのである(このとき将軍[[徳川家宣]]から偏諱を賜って長矩から宣富に改名した)。しかし同年、年貢を高く設定したために農民一揆([[高倉騒動]])が発生する。この反省から、宣富は庄屋制度や大庄屋制度の改革による農村支配制の強化、財政改革を行なった。
 
[[元禄]]6年([[1694年]])、宣富は[[越後騒動]]で改易された[[松平光長]]の養嗣子となり、光長から一字をもらって長矩に改めた。そして[[元禄]]10年([[1697年]])に光長の隠居に伴ってその家督を継ぎ、さらには翌年に津山藩10万石を与えられ、国主として遇されたのである(このとき将軍[[徳川家宣]]から偏諱を賜って長矩から宣富に改名した)。しかし同年、年貢を高く設定したために農民一揆([[高倉騒動]])が発生する。この反省から、宣富は庄屋制度や大庄屋制度の改革による農村支配制の強化、財政改革を行なった。
享保6年(1721年)2月7日、42歳で死去。後を子の[[松平浅五郎]]が継いだ。
 
享保6年(1721年)2月7日、42歳で死去。享年42。後を子の[[松平浅五郎]]が継いだ。
墓所は[[津山市]]の泰安寺。
 
{{先代次代|[[津山藩|越前松平氏(津山藩初代)藩主]]|1698 - 1721|[[森衆利]]|[[松平浅五郎]]}}
4,504

回編集