「楯状火山」の版間の差分

編集の要約なし
'''楯状火山'''、'''盾状火山'''(たてじょうかざん)は、緩やかに傾斜する斜面を持ち、底面積の広い[[火山]]である。
粘性の低い(流れやすい)[[玄武岩]]質[[溶岩]]の噴出・流動・堆積によって形成される。
地球上の大型火山の多くは楯状火山である。'''アスピーテ'''と呼ぶこともあるが、現在ではこの呼称は推奨されな([[火山#地形による分類|火山]]を参照)
 
多量の玄武岩質溶岩の噴出によって形成されることから、[[ハワイ諸島]]や[[アイスランド]]など[[ホットスポット_(地学)|ホットスポット]]や[[海嶺]]上に主に分布する。
570

回編集