「ネコヤナギ」の版間の差分

編集の要約なし
銀白色の毛で目立つ花穂が特徴的であり、「ネコヤナギ」の和名はこれをネコの尾に見立てたことによる。花穂は生け花にもよく用いられる。
 
北海道から九州までの河川において、中流から上流の水辺で見られ、早春に川辺で穂の出る姿は美しいものである。他のヤナギ類の開花よりも一足早く花を咲かせることから、春の訪れを告げる植物とみなされる。他のヤナギ類よりも水際に生育し、株元は水に浸かるところに育つ。根本からも枝を出し、水に浸ったところからは根を下ろして株が増える。葉は細い楕円形でつやがない。初夏には綿毛につつまれた種子を飛ばす。雌雄異株。
 
余り知られていないが、ネコヤナギの樹液も[[カブトムシ]]や[[クワガタムシ]]、[[カナブン]]、[[スズメバチ]]の好物である。
28,698

回編集