「オフィス・オートメーション」の版間の差分

m
(増量)
なおオフィス環境の自動化は、現在でも様々な仕事を電子化・自動化することで進んではいるが、行政部門の電子化の遅れや、ディスプレイの解像度や簡便性が未だ紙に及ばないため、むしろ盛んにOA化が提唱された1980年代初頭よりも、紙の使用量は増えている。この流れの中では、[[電子ペーパー]]のような軽量で扱いやすい[[ディスプレイ (コンピュータ)|ディスプレイ]]装置も開発されているが、2006年現在ではまだ開発途上の域にある。
 
現在では、余り意識して「オフィス・オートメーション」と呼ばれることは無く、事務所といえば[[パーソナルコンピュータ|パソコン]]が普通にあるもの、[[Local Area Network|LAN]]が接続されているもの、[[インターネット]]を通じて情報をやり取りするものと言った具合に、1980年代に予測された以上の状態にある。このためオフィス・オートメーションは、僅かに[[OAフロア]]や「OA機器(情報機器と同義)」といった言葉に残るのみである。しかしそれでもペーパーレスは起こっておらず、一頃に比べれば高品質な[[普通紙]]や[[紙]]のようなOA専用の紙ではなく、[[再生紙]]が利用できるようにはなっているが、依然として紙媒体の完全な置き換えは起こっていない。
 
==今後の課題==
11,895

回編集