「陸羽」の版間の差分

m
編集の要約なし
m (cprobot: subst Template:生没年)
m編集の要約なし
'''陸 羽'''(りく う、[[733年]] - [[804年]])は、[[唐]]の復州竟陵郡(現在の[[湖北省]][[天門市]])出身の[[茶]]の知識をまとめた『[[茶経]]』3巻などを著述した文筆家である。またの名を疾、[[]]は鴻漸、季疵、号は桑苧翁と称した。他の著作に『毀茶論』、『君臣契』、『源解』、『陸文学自伝』(『茶経』以外は散逸)がある。
 
捨て子として3歳くらいのときに浜で競陵龍盖寺の智積禅師に拾われ陸羽と名づけられた(他からは竟陵子と呼ばれた)。[[至徳 (唐)|至徳]]元年([[756年]])、[[安史の乱]]を避け、江南に行き、[[上元 (唐)|上元]]元年([[760年]])頃、現在の[[浙江省]]に住んだという。14年の茶の研究を『茶経』にまとめ10年後に[[建中]]元年([[780年]])に補足をつけた『茶経』3巻を著す。