「赤経」の版間の差分

編集の要約なし
m (robot Adding: lb:Rektaszensioun)
編集の要約なし
'''赤経'''('''せきけい''')は、[[天体]]の位置を表す値。通常、[[赤緯]]と合わせて使われる。
 
まず、天の北極、天の南極、[[天の赤道]]を決める([[赤緯]]の項目を参照)。恒星の赤経・赤緯は変わらないが、太陽や他の惑星などは、天球上で位置を変えるため、赤緯の値も変わる。
 
太陽は、地球の北半球では夏の間は天の赤道よりも北に位置し、赤緯は+の値になる。冬の間、太陽は天の赤道よりも南に位置し、赤緯は-の値となる。そしてちょうど春分の日と秋分の日に、太陽の赤緯は0になる。
 
北半球での春分の日、ちょうど太陽の赤緯が0になった瞬間の天球上での太陽の位置を、赤経0と定める。
 
この地点はちょうど天の赤道上にある。ここから西に、天の赤道を24分割し、春分点を0時、以後、東周りに1時、2時(あるいは、0時間、1時間、2時間)と数えていく。他言語に合わせるため、通常は0h,1h,2hと書く。1周するとちょうど24時になる。赤経1時=15°になる。さらにこの1時を60分割したものを1分、1分を60分割したものを1秒と書く。この「1分」「1秒」は、通常の角度の1分、1秒と、全く同じ綴りで書かれながら、全く違う角度であることに注意する必要がある。赤経1分=角度15分になる。
 
この書き方では、たとえば、赤経23h58m20sというような書き方になる。日本語で「分」「秒」と書くと、「'」、「"」と間違うため、通常はm,sで書く。
匿名利用者