メインメニューを開く

差分

編集の要約なし
'''童画'''(どうが)大人が子供向けに(子どもために)描いた[[絵画]]である。
これに対して、「児童画」や「幼児画」は子ども自身が描いた[[絵画]]である。
 
[[1925年]]に[[武井武雄]]が開催した個展「武井武雄童画展」で初めて童画という言葉が使われた。
55

回編集