「東京中小企業投資育成」の版間の差分

編集の要約なし
 
投資スタイルは長期保有で、育成を重視している。
 
ITやバイオといった成長産業だけでなく、製造業・卸売業・小売業といった成熟業種への投資も多い。
 
歴史ある中小企業には上場を求めず、安定的な配当を期待するという点が民間VCとの最大の違いである。
若いベンチャー企業に対しては他のVCと同様に上場を期待するが、上場後も長期的に株式を保有することがある。
他の[[ベンチャーキャピタル]]と比べて、地方への投資が多いことも特徴である。
 
[[2006年|2006]]年3月までの投資実績は、1,574社・847億円である。
主な投資先としてはトミー(現在タカラトミー)、竹内製作所などがある。
匿名利用者