「クラス変数」の版間の差分

m
(関連項目を追加)
m (フィールド (計算機科学)の説明を追加)
'''クラス変数'''({{Lang|en|class variable}})または、'''静的メンバ変数'''({{lang|en|static member variable}})、'''静的フィールド'''({{Lang|en|static field}}))とは、同一[[クラス (コンピュータ)|クラス]]・[[サブクラス (計算機科学)|派生クラス]]で共有される[[変数 (プログラミング)|変数]]である。
そのため、関連クラスに渡って共通に使用できる[[大域変数]]であるともいえる。
クラス変数は'''[[フィールド (計算機科学)|フィールド]]'''の一部であるが、'''[[インスタンス変数]]'''と比べ使われる頻度や重要性が少ないことからインスタンス変数のことだけをフィールドと呼ぶことがある。
 
[[統一モデリング言語|UML]]ではクラス変数のことを、特別な意味を持つ'''[[属性]]'''として'''クラススコープ'''({{Lang|en|class scope}})と呼ぶ。
== Ruby ==
本節では[[スクリプト言語]]である[[Ruby]]で[[クラス変数]]の概略を記す。
3,513

回編集