「お梅」の版間の差分

m
m (→‎生涯: 近年の研究ではこの時点で、もう新撰組らしいので。)
 
幹部の芹沢と平山の死体は新撰組が引き取ったが、お梅は引き取り手がない。芹沢の思い人なのだからいっしょに葬ってはどうかという意見もあったが、近藤が局長の芹沢とお梅のような'''売女'''を合葬することはできないと強硬に反対した。
 
お梅の死体は八木家に3、4日置かれたが夏場のことゆえ長く放置もできず、お梅の旦那の菱屋と交渉したが「暇を出した」と相手にされない。困り果てた八木家が手を尽くして西陣のお梅の里へ引き取らせたとも、無縁仏として葬ったともいう。
 
9月20日に芹沢と平山の葬儀が神式で盛大に執り行われ、近藤が丁重な弔辞を読んだ。
 
お梅の死体は八木家に3、4日置かれたが夏場のことゆえ長く放置もできず、お梅の旦那の菱屋と交渉したが「暇を出した」と相手にされない。困り果てた八木家が手を尽くして西陣のお梅の里へ引き取らせたとも、無縁仏として葬ったともいう。
 
==関連項目==
4,112

回編集