「グナエウス・コルネリウス・スキピオ・アシナ」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
'''グナエウス・コルネリウス・スキピオ・アシナ'''('''Gnaeus Cornelius Scipio Asina'''、[[紀元前3世紀]]、生没年不詳)は[[第一次ポエニ戦争]]期の[[共和政ローマ]]の政治家、軍人。「アシナ」とは[[ラテン語]]で「[[ロバ]]」を意味する。
 
ローマ筆頭の名門のひとつコルネリウス氏族のスキピオ家に生まれる。父は[[ルキウス・コルネリウス・スキピオ・バルバドゥス]]、兄弟には[[ルキウス・コルネリウス・スキピオ]]がいる。[[261年]]に[[コンスル]]に当選、新設のローマ海軍を率いる。そして[[メッシーナ海峡]]を巡回している際に[[リーパリ|リパラ]]がローマ側に寝返るとの情報を得る。戦略上重要な拠点を占拠して勝利を栄誉を得ようと焦り、リパラに急行するが、これは敵将[[ハンニバル・ギスコ|ギスコ]]の謀略で、港に乗り上げた際に海上を封鎖されてしまう。海戦に不馴れなローマ兵はパニックに陥り、自分達が乗っている船に構わず陸地に逃れてしまい、大した戦闘もなく易々とスキピオ・アシナは捕虜となってしまった。そしてローマ史上最初に海戦にて敗北した人物となった
 
この失敗により、後年スキピオは政敵に「ロバ」という意味の「アシナ」という呼び名で呼ばれるようになった。しかし[[254年]]に再びコンスルに[[アウルス・アティリウス・カイアティヌス]]とともに当選している。