「太伯・虞仲」の版間の差分

編集の要約なし
m編集の要約なし
編集の要約なし
'''太伯'''(たいはく)とは[[中国]][[周]]族の[[古公亶父]]の長男で、[[呉 (春秋)|呉]]の祖とされる人物。泰伯とも。'''虞仲'''(ぐちゅう)は[[古公亶父]]の次男。『[[史記]]』「周本紀」では弟が虞仲とあるが、「呉世家」では仲雍とある。[[季歴]]の兄、[[文王 (周)|文王]]の伯父に当たる。[[姓]]は'''姫(き)'''。[[紀元前12世紀]]・[[紀元前11世紀]]頃の人物。
 
古公亶父には長子・太伯、次子・虞仲、末子・[[季歴]]がいた。季歴が生まれる際に様々な瑞祥があり、更に季歴の子の昌(文王)が優れた子であったので古公亶父は「わが家を興すのは昌であろうか」と言っていた。
匿名利用者