「ガイウス・グラックス」の版間の差分

編集の要約なし
m
'''ガイウス・グラックス'''('''Gaius Graccus''' [[紀元前154年]] - [[紀元前121年]])は紀元前2世紀の共和政ローマの政治家。
 
父は[[大グラックス]]、母は[[コルネリア・アフリカナ]]([[スキピオ・アフリカヌス]]の娘。グラックス兄弟の弟の方で、兄は[[ティベリウス・グラックス]]。兄ティベリウスが倒れた後、護民官となり、殺された。
 
==経歴==