「装苑賞」の版間の差分

追記
(追記)
'''装苑賞'''(そうえんしょう)は、新人デザイナーを対象とした公募の[[ファッション]][[コンテスト]]。[[1956年]]、女性向け[[ファッション雑誌]]「[[装苑]]」創刊20周年を記念し創設された。歴史が古く、現在では新人デザイナーの登龍門といわれ、これまでに[[コシノジュンコ]]、[[高田賢三]]、[[山本寛斎]]、[[山本耀司]]など数多くの著名デザイナーを輩出している。
 
==応募規定==
応募資格は、服飾デザインを職業としていない者。ただし、服飾デザインを本職としてから2年間は応募できる。その間に候補作品に入選した者は、さらに1年間応募できる期間が延びる。
==審査==
創設は年2回開催されていたが、[[1987年]]の第61回から年1回の開催となった。第4回までは審査は非公開で行われていたが現在は公開審査形式に。デザイン画の選考であるポートフォリオ審査(年3回公募)→作品製作→雑誌「装苑」誌上掲載発表を経て、18名40数点の候補作品を選出。実物作品の製作期間を経て、その作品の中から最終となる公開審査会で、候補者18名の中から大賞る「装苑賞」などを決定。審査の形式は、候補者がそれぞれ3体製作し、1年間にわたって候補作品を選してきた日本を代表する全審査員の中から、トップデザイナー9名が一堂に会し、厳正な審査が行われる。
 
==賞==
*装苑賞…賞状、トロフィー([[三宅一生]]デザイン)と賞金、副賞として日本テレビ賞(第42回から)、KENZO賞(第43回から)、協賛各社からの賞品、[[パリ]]の服飾学校に留学する特典が与えられる。
 
*佳作1佳作2位…トロフィーと賞金、副賞として日本テレビ賞(第42回から)、協賛各社からの賞品などが与えられる。
 
 
*細野久賞(第55回から)…賞状と賞金、副賞としてパリ往復航空券と賞品などが与えられる。特にクチュールに優れた作品に与えられる。
 
==歴代受賞者==
*第34回(1973) 吉羽恒夫
*第35回(1974) 永山美津子
*第36回(1974) (受賞該当者なし)
|width=65|
|valign="top"|
*第67回(1993) 岡本憲二
*第68回(1994) 高橋玲
*第69回(1995) (受賞該当者なし) 佳作一位が二名
*第70回(1996) 町田靖之
*第71回(1997) 市川栄治
匿名利用者