メインメニューを開く

差分

室蘭時代に、[[吉野作造]]や[[安部磯雄]]の著書に親しみ、キリスト教社会主義に関心を持つようになる。やがて[[1914年]][[友愛会]]室蘭支部が結成され、松岡は発会式に訪れた会長[[鈴木文治]]の人柄に感銘を受け入会する。松岡もまた鈴木に見込まれ、[[1917年]]鈴木の要請に応え、友愛会専従となるため日鋼を退職し上京。友愛会の労働組合化に尽力し、[[1921年]]友愛会は日本労働総同盟と改称された。
 
筋金入りの非妥協的[[反共主義]]者で、[[1923年]][[10月]]には総同盟内部における左派台頭に反発して主事兼会計を辞任するが、翌[[1924年]][[6月]]には中央争議部長として早くも復帰。[[1925年]]には中央委員として、関東地方評議会等の左派組合の除名に際し主導的な役割を担った。その一方で[[野田醤油労働争議|野田醤油(現・キッコーマン)争議]]([[1927年]]~[[1928年]])など多くの争議を指導し、消費組合等の事業活動も推進した。[[1926年]]には[[社会民衆党]]の設立に参画し中央委員となる。[[1932年]]総同盟会長に就任。穏健派労働組合の大同団結を図るべく、[[1936年]]全日本労働総同盟を結成し、引き続き会長を務めた。
 
[[満州事変]]以降、労働運動に対する体制側の圧迫は厳しさを増し、労働運動の存続を図るため、[[1937年]]には'''ストライキ撲滅'''等の銃後三大運動を決議するなど、時流への迎合を余儀なくされた。その後官製の産業報国運動が展開されると、松岡は労働組合解消につながるとして強く反対。官憲の圧迫が執拗に加えられるなか、[[1940年]]断腸の思いで総同盟を解散する。[[1942年]]の[[翼賛選挙]]に非推薦で立候補したが落選した。
1958年8月14日、肝臓病のため逝去。享年70。
 
松岡は争議にあたっては資本家・経営陣側の立場も考慮し、時には労働者側に不利な条件で妥結することもあった。そのため、反対派からは「ダラ幹(「堕落した幹部」の意味)」呼ばわりもされたが、個人的にはおよそ腐敗とは縁遠く、特に金銭の取り扱いについては極めて厳格であったという。首尾一貫、左右いずれの観念的な思想に与することなく、現実主義・漸進主義を貫いた人生であった。
 
左派優位の社会党では長らく評価は低く、松岡の流れは思想的にも組織的にも、[[民社党]]に色濃く受け継がれたと言える。
 
==外部リンク==
*[http://oohara.mt.tama.hosei.ac.jp/dglb/matsuokak.html 大原社研マルチメディア・データベース 松岡駒吉ファイル]
*[http://www.yuairodorekishikan.jp/11.html 友愛労働歴史館HP]([[日本労働会館]]、松岡が初代代表の団体)
 
==関連文献==
匿名利用者