「ミヨシ・ウメキ」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
'''ミヨシ・ウメキ'''('''Miyoshi Umeki''', [[1929年]][[4月3日]] - )は、[[北海道]][[小樽市]]生まれの[[ジャズ]][[歌手]]、[[女優]]である。本名は梅木美代志、[[日本]]では'''ナンシー梅木'''の[[芸名]]で知られる。[[1957年]]の[[ハリウッド]]映画'''「[[サヨナラ (映画)|サヨナラ]]」'''で東洋人の俳優として初の[[アカデミー賞]]を受賞した。
(その後、東洋人の[[アカデミー賞]]での演技部門受賞者は、カンボジア・プノンペン出身の産婦人科医また俳優である[[ハイン・S・ニョール]]が1984年に「[[キリング・フィールド]]」に出演し、カンボジア人の通訳兼ガイドのディス・プラン役で、それまで演技をしたことがなかったものの、[[アカデミー助演男優賞]]を受賞した。)
(それ以来49年間誰もいない)
 
 
兄が進駐軍の通訳をしていた関係からキャンプでジャズを歌うようになり、1950年代日本のジャズ歌手の草分けとして[[角田孝]]&シックスや[[レイモンド・コンデ]]の[[ゲイ・セプテット]]などで人気を博し、ナイトクラブやステージで活躍した。『青春ジャズ娘 』(1953)、『ジャズ・オン・パレード1954年 東京シンデレラ娘』(1954) などのミュージカル映画にも出演した。
匿名利用者