「クラス変数」の版間の差分

 
== 用途 ==
クラスのインスタンスごとではなくクラスごとに存在するべき情報を、プログラムが記憶するためにクラス変数は用いられる。
クラスごとに存在するべき情報は[[定数]]等である。これらをインスタンスごとに作成される[[インスタンス変数]]で記憶した場合、記憶される情報はインスタンス間で同じなので、[[メモリ]]の利用において無駄があるだけでなく、本来同じであるべき値が異なる値を持つ等といった深刻な問題を引き起こす原因となる。このような状況の、より具体的な一例としては、[[Singleton パターン]]でシングルトンオブジェクトを記憶する変数が挙げられる。
 
164

回編集