「HEY!HEY!HEY! MUSIC CHAMP」の版間の差分

編集の要約なし
===スタジオ===
*スタジオセットは半年の改編ごとに作り替えられる傾向にある。[[2004年]][[4月19日]]より使用されていた18代目の360°観客に埋めたコロシアム式のセットが視聴者に不評だった為、[[7月5日]]の放送から19代目に変更されていたが、番組の一部では18代目を引き続き使用していた。[[10月18日]]から新たなセットが使用され、これで20回セットを変更した事になる。セットが新しくなると松本が「100万かかってますからね」、客が「えぇ~」、浜田が「もっとかかってるわ!」と言う一連の流れが慣例となっている。
*収録は週1,2本ペースで、東京・[[世田谷区]]砧にある[[東京メディアシティ]](TMC)スタジオで行われる。2005年4月18日からの番組大幅リニューアルにより、21回目のセット変更をした。その後、大きなセット変更はなかったが、2007年4月9日から2年ぶりに22代目のセットに変更する
 
=== 現在のコーナー ===
;<メインコーナー><br>
;ゆかりトーク
:2005年4~9月にあった「チャンプトーク」を縮小したもの。以前のCHAMPとは違い、一組のアーティストを招き、さらにゆかり?のあるタレントやお笑い芸人が出演する。
;座りトーク
:トーク+企画で進行する。
;<ミニコーナー><br>
;RANK-IN
:最新の[[オリコン]]シングルランキングかアルバムランキングBEST10を発表。その中から1組がゲスト出演して、トークする。ゲストは、放送当日まではわからない仕組みになっている。他のゴールデンタイムの歌番組では見られないゲスト(主に[[声優]]など)が登場することもある。RANK-INがないときはHEY!HEY!HEY!本日付けオリコンシングルチャートベスト10を放送。
;テレフォンボックス
:アーティストの素顔に迫るコーナー
;HEY!HEY!HEY!調査隊
 
:2007年4月9日に始まる新コーナー<br>
2006年10月以降は「ゆかりトーク」「座りトーク」「RANK-IN」「テレフォンボックス」で放送している。<br>
<br>
20062007104月以降は「ゆかりトーク」「座りトーク」「RANK-IN」「テレフォンボックス」「HEY!HEY!HEY!調査隊」で放送している。<br>
2005年4月のリニューアルで音楽番組色が薄れ、お笑い芸人の出演などもありバラエティ色がより強くなった(特に2005年4月から9月までの間は音楽番組であるにも関わらずアーティストが1組も出てこない週もあった。)。アーティストの新曲ライブは番組の冒頭や末尾に置かれることが多く、メインゲストの歌が2曲かかるのみで、おまけ的な扱いになっている。
 
匿名利用者