「アンチコドン」の版間の差分

m
スタイル
m (スタイル)
'''アンチコドン'''とは[[DNA]]、[[RNA]]の[[塩基配列]]において意味を持つ[[コドン]]という三つの塩基配列の型を、合わせるようにして'''対になるコドン'''の事である。
[[コドン]]という三つの塩基配列の型を、合わせるようにして
'''対になるコドン'''の事である。
 
塩基配列はA([[アデニン]])、T([[チミン]])(RNA上では代わりにU([[ウラシル]])が存在)、G([[グアニン]])、C([[シトシン]])によって形作られているがそれぞれ'''A - T'''(RNA上ではA - U)、'''G - C'''の対が出来上がる。
塩基配列は
A([[アデニン]]),
T([[チミン]])(RNA上では代わりにU([[ウラシル]])が存在),
G([[グアニン]]),
C([[シトシン]])
によって形作られているがそれぞれ
'''A-T'''(RNA上ではA-U)、'''G-C'''の対が出来上がる。
 
つまり'''AGAAGA'''のコドンに対して'''TCTTCT'''がアンチコドンとなる。
つまり
'''AGA'''のコドンに対して'''TCT'''がアンチコドンとなる。