「ジャンクDNA」の版間の差分

意味不明な文を除去+「非タンパク質コード領域≠イントロン」なので一旦コメントアウト
(意味不明な文を除去+「非タンパク質コード領域≠イントロン」なので一旦コメントアウト)
また、ゲノムを扱う科学者は、このような領域の機能や作用機構に関する情報がほとんど得られていない場合でも、それが重要であると仮定することが合理的であると認識している。
 
ゲノム上の塩基配列には、[[翻訳]]を受けないいわゆる非蛋白質コード領域<!--([[イントロン]])-->が多数存在することが知られており、この中には、[[DNA複製]]の開始点として定義される'''複製起点'''、あるいは'''プロモーター'''、'''エンハンサー'''、'''サイレンサー'''といった遺伝子の発現を制御する生命活動に非常に重要な領域が含まれている。このことは、「蛋白質にならない領域=無駄な部分」'''ではない'''事を明確に示している。
 
ヒトゲノムのおよそ97%は"ジャンク"であることが示されている。
* 生物の胎児から成体までの成長に伴って、ジャンクDNAは'''メタDNA'''(meta-DNA、変化したDNA)としての役割を果たす。最近得られた成果では、ジャンクDNAの高度に保存された領域が全ての脊椎動物に共通であることが示されており、この事は、これらの領域は私達が生き残るために不可欠な部分であることを意味しているのかも知れない。
* ジャンクDNAはいくつかのまだ認識されてない機能を含んでいるのかも知れない。例えば、いくつかの非蛋白質コードRNA([[non-coding RNA]]; ncRNA、例えば[[rRNA]]や[[tRNA]]など)がジャンクと考えられていた領域から見付かっている。
* ジャンクDNAにはウイルスも含まれており、精子と卵子からウイルスのコピー+アレンジをすさまじい数をこなして進化させ、女性が妊娠して子供をお腹の中で育てるために使われるという説。
* ジャンクDNAは本当に何も機能を持たないのかも知れない。例えば、最近の実験としてマウスゲノムから1%に相当する領域を切り外してその影響を調べたが、表現型を変えるような影響が全く認められなかった。
 
508

回編集