「FINAシンクロワールドカップ」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
*2006年のTV放送は[[テレビ朝日]]系列(地上波)と[[BS朝日]](BSデジタル)が放送。
*テレビ朝日はローカル枠に予選、ゴールデンタイム枠に決勝を放送。BS朝日は予選を生放送し決勝を地上波で放送したものを2時間ディレートして放送した。
*テレビ朝日の番組ポスターの最下面に(決勝全日は)「夜7時スタート」と書いていたが、木曜日分と金曜日分は当初夜7時スタートの予定だったが[[木曜ドラマ]]「[[下北サンデーズ]]」、[[テレビ朝日・ABC金曜9時枠の連続ドラマ|ABC金曜ドラマ]]「[[レガッタ~君といた永遠~]]」が低視聴率の煽りを受け予定より1話短縮し「シンクロ~」の前週に終了し、急遽番組自体を夜8時に1時間繰り下げられ、本来「シンクロ~」で休止を予定していた「[[いきなり!黄金伝説。]]」と金曜夜7時のアニメ枠(「[[ドラえもん (テレビ朝日版テレビアニメ)|ドラえもん]]」・「[[クレヨンしんちゃん (テレビアニメ)|クレヨンしんちゃん]]」)が休止を回避しレギュラー復帰する事態になってしまった。
*BS朝日分の決勝ディレート放送では[[ヤクルト]]・[[トヨタ自動車]]・[[KDDI]]と共に4日間通してスポンサーを務めた[[P&G]]は提供クレジットを自粛、CM自体を[[公共広告機構|ac]]に差し替えた。
 
7,273

回編集