メインメニューを開く

差分

→‎宇治橋の構造: 下部構造を加筆
 
== 宇治橋の構造 ==
宇治橋は橋脚のみが[[ケヤキ]]で、ほかは[[ヒノキ]]で作られている。橋板は近世の記録では365枚の数字があるが、[[1969年]]([[昭和]]44年)の架け替えでは476枚とされた。長さは101.8mで、幅は1949年(昭和24年)に架け替えられた時は7.88mであったが、1969年(昭和44年)の架け替えでは8.42mに拡幅され、橋が5本から7本へ増やされた。橋橋脚杭3本・水貫2本・筋交貫4本と梁1本から構成されおり、梁の上に橋桁渡されている。梁の両木口には梁鼻隠が取付られている。橋脚13組で39本が橋体を支える構造である。欄干は16基の[[擬宝珠]]で装飾される。この擬宝珠は繰り返し使用される。<!--このあたり手抜きにつき加筆を希望します-->
 
近年は宇治橋の橋板の厚さを15cmにしているが、年間400万人前後の参拝客が通行するため橋板の摩耗が激しく、20年間では約6cm摩耗する。[[靴]]ではなく[[草履]]での通行が大部分であった明治以前はこれほど摩耗しなかったという。<!--このあたりに大湊の船大工の技術云々の加筆を希望します-->
画像:伊勢神宮宇治橋擬宝珠01.jpg|擬宝珠
画像:伊勢神宮宇治橋木除け杭.jpg|木除杭
Image:Bent_of_The_Uji_Bridge01.jpg|橋脚の構造
</gallery>
 
1,721

回編集