「TNT換算」の版間の差分

m
「リトルボーイ」の記事を元に数値を修正、有効数字も妥当な桁に。
(ですます調の廃止。リンク追加。多少の加筆。)
m (「リトルボーイ」の記事を元に数値を修正、有効数字も妥当な桁に。)
ニュースなどでも「A国の原爆Bは'''TNT換算'''で50キロトンの破壊力」などと表す使い方が一般的に見かける。
 
1グラムの[[トリニトロトルエン|TNT]]は、爆発すると980から1100[[カロリー]]のエネルギーを放出する。
1000カロリー=4184[[ジュール]]と規定され、それが1グラムのTNTに相当するとして標準化されている。つまり「TNT換算1トンの爆弾」とはその爆弾が爆発時に4.184×10<sup>9</sup>ジュールのエネルギーを放出することを表す。
 
 
例えば、広島に落とされた[[原子爆弾]]([[リトルボーイ]])は、TNT換算で約2015キロトンである。これは
 
:4.184×102×10<sup>9</sup>(ジュール)×20×10(J)×15×10<sup>3</sup>=86.368×103×10<sup>13</sup>(ジュール)(J)
 
だと表現することができる。<!-- 単位はX(J/T)*Y(T)=Z(J)のように表記すべきか? -->
 
また、比喩的に「メガトン級」や「ギガトン級」などという言葉が使われる事もある。
8,808

回編集