「残響」の版間の差分

編集の要約なし
* '''後期残響''' (late reverberation) - 直接音がきこえてから 150 ms 以上すぎたころには、音は多数回反射し、反射音の数もふえているため、もはや個々の音をくべつしてきくことはできない。また,音は等角反射するだけでなく壁・天井などで散乱されるため、残響の構造はさらに複雑になる。これらによって構成されるのが後期残響である。このような後期の残響は、方向・位相がランダムで指数関数的に減衰する音によってをモデル化される。後期残響は直接音とはことなるながれの音として認知されるという<ref>Griesinger, D., "The Theory and Practice of Perceptual Modeling -- How to use Electronic Reverberation to Add Depth and Envelopment Without Reducing Clarity", Tonmeister Conference in Hannover, 2000.</ref>。
 
後期残響が直接音に対して 60 [[デシベル|dB]] 減衰するまでの時間を[[残響時間]]という。残響時間は家庭などの小さな部屋では 0.5 秒程度,音楽用ホールでは数秒程度である。
 
==リバーブの実装方法==
737

回編集