「残響」の版間の差分

室内における残響はつぎの 2 つの部分からなりたっているといわれている (図参照)<ref>Gardner, W. G., “The Virtual Acoustic Room”, Masters Thesis, MIT, 1994.</ref>。
 
[[Image: Reverb-structure.png | 300px | thumb]]
 
* '''初期反射''' (early reflection) - 室内では,直接音がきこえたあと数 ms から 100 ms くらいのあいだに、条件によっては、壁、天井、床などからの数 10 個の反射を他の音から分離してきくことができる。これが初期反射である。部屋の形状が直方体であれば 1 回反射は 6 個だけだが、より複雑な形状または家具などがある部屋においては反射音の数がふえ、また壁などで複数回反射した音もきこえる。初期反射は直接音とまとめてひとつのながれの音として認知されるという<ref>Griesinger, D., "The Theory and Practice of Perceptual Modeling -- How to use Electronic Reverberation to Add Depth and Envelopment Without Reducing Clarity", Tonmeister Conference in Hannover, 2000.</ref>。
737

回編集