「ネメシス'90改」の版間の差分

m
編集の要約なし
(変更点を追記。まだまだ要編集…)
m
基本的には原作と同じだが、システムやステージ構成などに細かい変更がある他、[[グラフィック]]の大幅なクォリティアップが為されており、全体的には[[アーケードゲーム|アーケード]]版の『[[グラディウスII -GOFERの野望-]]』相当に近づけられている印象がある。
 
しかしながら、本作への評価は賛否両論であり、とくにオリジナルのMSX版から遊んでいたユーザーに、本作の出来に満足しなかった者が多く存在した。
しかしながら、本作の評価は賛否両論であり、本作の出来に満足しなかったユーザーも多く存在した。その大きな原因としては[[バックグラウンドミュージック|BGM]]のチープさや、オリジナルにあまり忠実とは言えない仕様変更もそこそこ見られ、これらがオリジナルのファンにとって期待を裏切る要因であった事が挙げられる。また、[[グラディウス (ゲーム)|グラディウス]]シリーズでも1、2を争うほど難易度の上昇が早く、これも不評の原因と言われている。
その大きな原因としてはパワーアップやステージなどゲーム内の仕様にもリメイクが加えられたことや、[[グラディウス (ゲーム)|グラディウス]]シリーズでも1、2を争うほど難易度の上昇が早い作品となってしまったことが挙げられる。
また[[バックグラウンドミュージック|BGM]]がアレンジされた結果チープに聞こえてしまうことも不評の原因と言われている。
 
反対に、アーケード版のグラディウス(主に『グラディウスII』)に親しんでいたプレイヤーやオリジナルを知らないプレイヤーにはグラフィックが『グラディウスII』に近い事から手をつけやすかったり、アーケード版(またそれを元にした移植作)にはない新しい世界観、ゲームシステムに新鮮さを覚えるなどの理由により、良い評価を得らる事もあている。
グラフィックが『グラディウスII』に近い事から手をつけやすかったり、アーケード版(またはそれを元にした移植作)にはない新しい世界観やゲームシステムが新鮮に見えたことが要因とされる。
このためゲームとしては、X68000のゲームとして製作されたリメイク版として、良作の部類であると判断される。
 
NEMESIS'90"'''改'''"となっているのは本来は[[1990年]]に発売予定であったが、開発の遅れにより90年に発売することが出来なかった為この名称になった。
他にNEMESIS'90と言う名のゲームがあるわけではない。
 
ちなみに、SPSは初代[[グラディウス]]、[[沙羅曼蛇]]などのコナミ製STGのX68000移植を行った実績があるメーカーであるが、ディスク1に入っているドキュメントを読む限り、シューティング本作はSTGに携わった事の無いスタッフが見切り発車で製作開始していたらしい。
 
== 変更点 ==