「クイックディスク」の版間の差分

雑草取り
(雑草取り)
 
==特徴==
同心円状に多数のトラックがある[[フロッピーディスク]]と違い、クイックディスクには、[[レコード|アナログレコード]]の溝のように、渦巻状のトラックが1本だけ存在する。発表当時パーソナルユースでの補助記憶装置として主流だった[[データレコーダ]]の[[磁気テープ|テープメディア]]を、そのままディスク状にしたようなものと言えるだろう。
 
クイックディスクでは、片面全部を順に一気に読み出しまたは書き込みする[[シーケンシャルアクセス]]のみが可能で、任意部分への[[ランダムアクセス]]は基本的に不可能である。これは、ドライブの機構が[[フロッピーディスク]]に比べて単純化されており、ヘッドは片面全域をなめる「スイープ」しか行えず、「[[シーク (コンピュータ)|シーク]]」ができないためである。しかしながら、片面すべてを読み出しまたは書き込みするのに8秒しかかからないので、64キロバイトの[[Dynamic Random Access Memory|DRAM]]を併用すれば、読み出し→RAM上でのランダムアクセス→書き込みという順序を踏むことで、擬似的にランダムアクセスを実現することが出来る。
 
ライトプロテクトはツメを折り取ることにより行う。
==採用システム==
[[画像:Famicom diskcard.jpg|thumb|right|150px|ファミリーコンピュータディスクカード]]
パソコンでは[[シャープ]] [[MZ-1500]]が内蔵ドライブを有し、[[MZ-700]]用、[[MZ-2000]]/[[MZ-2200|2200]]用に外部ドライブが発売された。[[MSX]]用としては[[ロジテック|Logitec]]、[[カシオ計算機|CASIO]]ブランドで外部ドライブが発売された。[[MIDI]]機材では[[ヤマハ]]、[[ローランド]]、[[KORG]]、[[AKAI]]の音源、[[シンセサイザー]]、[[サンプラー]]、[[シーケンサ]]、データファイラ等がある。[[ワードプロセッサ|日本語ワードプロセッサー]]のデータ保存用にシャープ、[[カシオ計算機]]、[[キヤノン]]が採用した。
 
また特殊な採用例として、[[任天堂]] [[ファミリーコンピュータ ディスクシステム]]に、違法コピーを防ぐために部分的に仕様を変更した上で「ファミリーコンピュータディスクカード」の名称で採用がある。ディスクカードはジャケットの寸法の他はクイックディスクと内部構造に違いが無かったため、当時は多くの模造品が発売された。
匿名利用者