「都家歌六」の版間の差分

編集の要約なし
*初代 都屋歌六(生没年日不詳) - 西久保神谷町の御家人の出で初め初代[[都々逸坊扇歌]]の門で扇我、『噺連中帳』([[天保6年]])にはすでに歌六で見える。浮かれぶしなぞなぞ合せに長じ、俗に「権中納言」。[[享年]]不詳。本名:畔柳藤二兵衛。
*2代目 都家歌六([[1825年]][[4月8日]] - ?) - 最初は2代目[[柳亭左楽]]の門で語楽、清我、『諸芸人名録』([[明治8年]])にはすでに歌六で見える。明治30年代初めまでの番付に見える。俗に「兄ィ」。[[音曲]]師。享年不詳。本名:松本兼吉。
*3代目 都家歌六 - 後の6代目[[雷門助六]]。本名:青木鏡太郎
*4代目 都家歌六([[1871年]][[3月6日]] - [[1926年]][[8月8日]]) - 最初は4代目柳亭左楽の門で柳家栄太郎(栄五郎とも)、左若を経て[[1907年]]頃[[春風亭柳枝 (4代目)|4代目春風亭柳枝]]の門で[[春風亭楓枝]]更に[[1917年]]頃に5代目左楽の門で歌六になった。享年55才。本名:井本亀之助
*5代目 都家歌六 - 後の8代目[[翁家さん馬]]。本名:菅谷徳之助。
8,064

回編集