「パッチギ!」の版間の差分

編集の要約なし
興行面においては決して大成功というものではなかった。しかしヒロイン役を演じた沢尻エリカが女優として注目され始めたことや、韓国に対する日本での関心の高まり(劇中で登場するのは[[朝鮮籍]]である)も追い風となり、多くの映画賞を受賞し映画界において評価を受けた。
 
ちなみに、劇中、あたかも朝鮮人が強制的に日本に連れて来られ、働かせられたような台詞が出てくるが、今では在日韓国人による調査などでも否定されていることであり、この映画の原案にもなった松山猛『少年Mのイムジン河』(木楽舎)にも強制連行を示す描写は出て来ない。何故、日本に朝鮮系の人が暮らしているのか、疑問に思った松山少年が母親にどうしてなのか聞く場面なら出てくる(P19)母親の答えは「日朝(日韓)併合時代、多くの朝鮮人たちが仕事を求めて日本に来たものによる」というもの。また、在日本大韓民国青年会の中央本部が、在日 1世世代に対する聞き取り調査の結果をまとめ1988年に刊行した『アボジ聞かせて あの日のことを -- 我々の歴史を取り戻す運動報告書 -- 』にも、渡日理由のアンケート結果として、「徴兵・徴用13.3%」と明記されており、「その他20.2%」、「不明0.2%」を除いたとしても「経済的理由39.6%」「結婚・親族との同居17.3%」「留学9.5%」と65%以上が自らの意思で渡航してきたことがわかる。尚、このアンケートは渡航時 12歳未満だったものは含まれておらず、これを含めるとさらに徴兵・徴用による渡航者の割合は減ることになる。また「官斡旋」による渡航者が「徴兵・徴用」に含まれている可能性が指摘されている。
 
== スタッフ ==
127

回編集