「久間章生」の版間の差分

**2007年3月7日の参議院予算委員会にて、久間は医療法人が補助金を受けている事実を知らなかったとし、「(政治資金規正法の)制度については存じている」「(献金を受けていることは)事実であります」「もし補助金を受けているとすれば返還しなければならない」と答弁し、返金を検討することを明らかにした。
 
===長崎市長銃撃事件における市長と共産党を侮辱する関連しての発言===
*[[2007年]][[4月17日]]に発生した[[長崎市長銃撃事件 (2007年)|長崎市長銃撃事件]]に際し、[[救急医療|救急搬送]]された時点では[[伊藤一長]][[市町村長|市長]]の[[死|死亡]]は確認されておらず、[[心肺停止|心肺停止状態]]であったにも関わらず(死去したのは翌[[4月18日]]未明)、「'''本人が亡くなった場合、 [[補充立候補|補充(の立候補届出)]]はいつでもできるよう[[公職選挙法]]を見直すべきだ'''」と述べ、配慮を欠いた発言だとして与野党ならびに[[塩崎恭久]][[内閣官房長官]]からも「好ましい発言ではない」と批判された。
*なお、久間はこの際、「'''補充がきかないと[[日本共産党|共産党]]の市長が誕生してしまう'''」とも発言しているが、これは、「議会市長の死亡を念頭議員を送り出しおいている公党である日本うえ共産党を犯罪者集団呼ばわりしてい中傷すものともとれる発言であり、当然、[[志位和夫]]委員長ら共産党関係者から侮辱発言だと抗議を受けた。久間はこれについて未だ謝罪していない。
 
== 経歴 ==
127

回編集