「勝村建設」の版間の差分

編集の要約なし
'''勝村建設'''(かつむらけんせつ、''Katsumura Construction'')は、公共住宅、学校などの建築中心で首都圏に地盤を築いた中堅[[ゼネコン]]。道路基礎工事に特殊技術を持ち、三菱色で知られる。
 
[[1947年]]2月設立、[[1961年]]10月[[東京証券取引所]]に上場(株価コード1817)、[[2005年]]9月に民事再生手続開始の申立てを決議、[[2005年]]10月30日をもって上場廃止。2006年7月18日に㈱夢真ホールディングス(株価コード2362、ヘラクレス)が勝村建設㈱100%取得スポンサードし、完全子会社化とした。買収金額は約50億円。しかし、㈱夢真ホールディングスはわずか8か月後の2007年3月末日に勝村建設㈱の全株を売却すると発表し、同日にさくらグローバルマネジメント㈱(非上場、ファンド事業)に売却した。勝村建設㈱は新体制を発表し、代表取締役に元HSBCのMDである山田一二氏、常務取締役に元SMBCの矢森猛夫氏、取締役総務部長に元リクルート総務課長の菊地原徹氏など建設に金融(ファンド)を取り入れた新たな試みが始まった。2007年度の売上予測は300億円程度だが、民事再生後、売上は毎年倍増しており、負債がなくなったことにより、各金融機関も融資には積極的で、勝村本来の1000億円企業となる可能性が出てきた。
親会社のさくらグローバルマネジメント㈱はワシントングローバルファンド(ワシントンDC)、クレインファンド(ニューヨーク)のアジアのエグゼクティブアドバイザー。今回、勝村建設㈱を取得したことに伴い、不動産ファンドを立ち上げる計画をしている。弁護団には平河総合法律事務所(元法務大臣、元検事等所属)や元検事総長などを備え、コンプライアンスを強く意識した体制。
 
== 民事再生手続開始の申立ての軌跡 ==
匿名利用者