「義務論」の版間の差分

編集の要約なし
'''義務論'''とは、[[哲学者]]であり[[倫理学]]者である[[カント]]の唱えた[[道徳論]]である。
 
その内容は「'''自己格率信条が普遍的法則となる事を、その格率信条を通して自己が同時に意欲出来る、という格率信条に従ってのみ行為せよ'''」というもの。
 
 
[[イマヌエル・カント|カント]]は、[[理性]]によって導き出される普遍的な究極の道徳規則というものの存在を提起し、それに無条件に従う事が倫理の達成であると提唱した。
 
我々は健康で頭が冴える、理性的な時ならば''善い意志が最も善いものである''事が理解し[[理想]]出来る。善い意志とは「自己の格率信条が普遍的法則となる事を、その格率信条を通して自己が同時に意欲出来る、という格率信条に従ってのみ行為する」で表されす事が出来る。([[信条]]は[[格率]]とも言い、自己が意欲する規則の事。)しかし、人間は短絡的な[[欲求]]などの様々なしがらみにより善い[[意志]]にかなった行為が出来ない場合が多い。そこでこの善い意志の行為を理性的なうちに[[義務]]とし自己に強制させておく事で、善い意志の行為化に接近する。こうする事で短絡的欲求や気まぐれに惑わされる事無く善い意志による行為を最大限行為化出来る。義務になると上記の文「~行為せよ」命令されるかたちとなり冒頭のものとなる。こうして善い意志は人間においては義務的な道徳規則となった。
 
義務論を解り易く言えば、自分が行為したい事が、だれが、いつ、どこで、なぜ、いかに行為しても文句なしと自分が意欲出来る行為ならそれを道徳規則とし、その規則に従う事、である。ここで気を付ける事は、あくまで自分が意欲出来るから規則とする事、あくまで規則だから行為する事、規則を作る場合「~の場合」を付ける様な例外条項にせず、いかなる場合でも指令される事が妥当とする事である。
匿名利用者