「崇高」の版間の差分

編集の要約なし
(すたぶ)
 
'''崇高'''(すうこう)とは[[美]]に対照させられる美的範疇であり、巨大なもの、勇壮なものに対したとき対象に対して抱く[[感情]]また心的イメージをいう[[美学]]上の[[概念]]である。
[[ボワロー]]が伝[[ロンギノス]]の『崇高について』を訳したことから注目され、[[詩学]]の中心概念のひとつとなった。[[エドマンド・バーク]]、[[イマヌエル・カント]]などが主題的に論じたのちは、あまり注目されなくなったが、近年[[リオタール]]が取り上げて再び議論された。
{{msg:stub}}
 
[[en:sublime]]