「グラスノスチ」の版間の差分

m
編集の要約なし
m (robot Adding: la:Glasnost)
m
ペレストロイカ推進のためには、従来の[[社会主義]]的[[イデオロギー]]の枠を超えた発想が求められた。そのため、今まで抑圧され続けていた[[改革]]派の[[知識人]]、[[学者]]をペレストロイカに巻き込む必要があった。
 
[[1986年]][[4月]]に起こった[[チェルノブイリ原子力発電所|チェルノブイリ原発事故]]をきっかけに、種々の社会問題を解決するために、[[言論]]・[[思想]]・[[集会]]・[[出版]]・[[報道]]などの[[自由化]]・[[民主化]]が行われた。1986年末までには、一部の[[テレビ]]・[[新聞]]がソ連社会の問題点を率直に批判するようになった。また、[[レオニード・ブレジネフ|ブレジネフ]]政権の[[アフガニスタン]]侵攻 (1979)|アフガニスタン侵攻]]を批判してゴーリキー(現・[[ニジニ・ノヴゴロド]])に幽閉されていた科学者[[アンドレイ・サハロフ]]も釈放された。
 
[[1987年]]頃より、ブレジネフ時代に上映を禁止されていた[[映画]]が次々と公開された。党の[[統制]]下にかれない市民団体の結成などもみられた。[[歴史学]]においても、[[ネップ]](新経済政策)の再評価、[[1930年代]]の大飢饉の考察など、それまで[[タブー]]視されていたテーマが扱われ始めた。
 
一方で、困窮する民衆の生活とはまるで別世界のような[[ソビエト連邦共産党|共産党]]幹部の豪華絢爛な暮らしや[[汚職]]も暴かれ、国民の反共産党感情を一気に高め、[[ソ連崩壊|ソ連解体]]へと国家をすすめていく結果となった。
 
[[Category:ソビエト社会主義共和国連邦|くらすのすち]]