「伊達宗倫 (登米伊達家)」の版間の差分

m
編集の要約なし
編集の要約なし
m編集の要約なし
'''伊達 宗倫'''(だて むねのり、[[寛永]]17年([[1640年]] ~- [[寛文]]10年([[1670年]]))は[[江戸時代]]の[[伊達氏]]の一族。登米伊達氏当主。
 
兄の五郎吉が早世した為その跡を継いだ。
 
[[1665年]]安芸家の[[伊達宗重]]と領土争いを起こした兵部家の[[伊達宗勝]]の裁きにより宗倫に有利な条件で採決が下されたが、その頃に宗倫は死去。宗倫の死後、これを恨みに思った宗重は幕府方へ訴えるために江戸に向かう。[[大老]][[酒井忠清]]の屋敷で[[伊達騒動]]が起き、宗重は兵部派の[[原田宗輔]]に殺害された
 
==系譜==
 
[[category:伊達氏|むねのり]]
[[category:江戸時代の人物|たて むねのり]]
[[category:1640年生|たて むねのり]]
[[category:1670年没|たて むねのり]]