「葛城烏那羅」の版間の差分

編集の要約なし
m
{{統合文字|葛}}
'''葛城 烏那羅'''('''かつらぎ'''/'''かずらき の おなら'''、生没年不明)は、[[飛鳥時代]]の[[豪族]]。[[聖徳太子|厩戸皇子(聖徳太子)]]の側近。[[姓]](カバネ)は臣(おみ)。名の表記は'''烏奈良'''、'''小楢'''などとも。
 
[[崇峻天皇]]4年([[590年]])11月、新羅討伐大将軍の一人として諸氏の臣・連を率いて稗将部隊2万余を領し、筑紫に在陣(ただし実際に渡海はしていない)。
 
厩戸皇子が[[伊予]]の温泉(いよのゆ、現在の[[道後温泉]]か)に行啓した折には、同じく側近の僧・[[恵慈]]とともに同行した。
 
== 関連項目 ==
*[[蘇我馬子]]
*[[葛城氏]]
 
{{Japanese-history-stub|かつらきおなら}}
[[Category:飛鳥時代の人物|かつらきおなら]]
[[Category:葛城氏|かつらきおなら]]
{{Japanese-history-stub|かつらきおなら}}