「マルティン・ブーバー」の版間の差分

編集の要約なし
 
息子[[ラーファエル・ブーバー]] Rafael Buber は作家[[マルガレーテ・ブーバー=ノイマン]]の夫。
 
 
== 経歴 ==
* [[1938年]][[イスラエル]]の地に帰還
* [[1963年]]、[[エラスムス賞]]受賞
 
 
== 思想 ==
ブーバーによれば科学的、実証的な経験や知識は「それ」というよそよそしい存在にしか過ぎず、「われ」は幾らそれに関わったとしても、人間疎外的な関係から抜け出すことはできないという。その「われ-それ」関係に代わって真に大切なのは「われ-なんじ」関係であり、世界の奥にある精神的存在と交わることだという。そして精神的存在と交わるためには対象を対象として一方的に捉えるのではなく、対象と自分を関係性として捉えること、すなわち対話によってその「永遠のいぶき」を感じとることが不可欠だとする。
 
このような汎神論的思想はユダヤ神秘主義やドイツ神秘主義と似通っており、双方の伝統を受け継ぐブーバーはこれらから独自の思想を発展させたと考えられる。もっともブーバーは人間は現世に生活する存在である以上、神秘主義の説く「神人合一」を絶対的境地とは認めなかった。なぜならそのような境地を絶対とするならば、恍惚境から離れた日常ではいかなる悪を犯しても構わなくなるからである。むしろ通常の人間には日常生活の方が大事であり、そこにおいて絶対的存在との繋がりを保つ手法の考察が、「対話」に発展していったと考えられる。
 
== 参考資料 ==
匿名利用者